KEIS BLOGは株式会社ケイズ・ソフトウェアが運営しています。

KEIS BLOG

Google App Engine 第五回

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

Google Developer Console Part2

前回に引き続きGoogle Developer Consoleの使い方をご紹介します。

Cloud Datastore ダッシュボード

misawa01
サイドメニューより「ストレージ」→「Cloud Datastore」→「ダッシュボード」を選択して表示
ダッシュボードは、Cloud Datastore全体のサマリを表示する機能です。
以下の情報が参照可能です。
・エンティティの種類別のストレージ容量
=> Kind(種類)ごとのストレージ容量が参照できる。
・エンティティの統計情報
=> エンティティ、インデックス、複合インデックス容量が参照できる。
・プロパティ タイプの内訳
=> プロパティタイプごとの容量が参照できる。

Cloud Datastore クエリ

misawa02
サイドメニューより「ストレージ」→「Cloud Datastore」→「クエリ」を選択して表示
クエリはKind(*1)毎のデータ検索が可能で、フィルタとGQL(*2)を使用出来ます。

misawa03
検索したエンティティ(*3)を直接編集できます。

監視 – ログ

misawa04
サイドメニューより「監視」→「ログ」を選択して表示
Google App Engineのアクセスログが参照できる機能です。
対象のプロダクト、モジュール、バージョン、ログレベル、 開始日を条件にログの抽出が行えます。
=> プロダクト – AppEngine、ComputeEngine、ContainerEngineが選択できます。
=> モジュール – 設定されているモジュールが選択できます。
=> バージョン – デプロイされているバージョン(+Backend)が選択できます。
=> ログレベル – 重大、エラー、警告、情報、デバック、すべてから選択できます。

ログの表示フォーマットは右から、ログレベル、ログ日付、レスポンスステータス、送信容量、処理時間、リクエストパスです。
=> ログレベル – 重大、エラー、警告、情報、デバックのいずれかが表示されます。
=> ログ日付 – ログが記録された日付及び時間が表示されます。
=> レスポンスステータス – レスポンスステータス(HTTPステータス)が表示されます。
=> 送信容量 – レスポンス容量が表示されます。
=> 処理時間 – サーバ側で処理にかかった時間が表示されます。
=> リクエストパス – リクエストされたパスが表示されます。

次回は「Memcache」をご紹介します。

*1 Kind=Table
*2 GQL=SQLのようなもの
*3 エンティティ=レコード

【関連記事】
Google App Engine 第一回
Google App Engine 第二回
Javaのライブラリを手軽にテストしたい!! Groovy入門 第1回
Google App Engine 第三回
Google App Engine 第四回

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket