KEIS BLOGは株式会社ケイズ・ソフトウェアが運営しています。

KEIS BLOG

忘れがちなGitコマンド②

LINEで送る
Pocket

こんにちは!

ランニングを始めて1か月がたちました。1月で70kmちょっと走ることができました。
筋肉痛やひざの痛みが辛いところですが、お風呂がすごく気持ちいいです。
ダイエットではなく、健康維持のためにも良いのかもしれませんね。
交通量の多いコースを走ると少し息苦しいのが難点です・・・

—–
fujikawa01
Gitの忘れがちなコマンド第二弾です。
意外と最初のコマンドってなんだっけ?と忘れることがあるので
基礎も含めてまとめてみます。

■リポジトリ操作系コマンド


・init
 リポジトリをカレントディレクトリに作成します。
 (ディレクトリ名を指定すると指定した名称でリポジトリを作成します)

$ git init <directory>

・clone
 既存リポジトリの複製(SSH)

$ git clone ssh://[username]@:22[hostname]/[repo-path]

 既存リポジトリの複製(HTTP)

$ git clone http://[hostname]:80/[repo-path]

 既存リポジトリの複製(HTTPS)

$ git clone https://[hostname]:443/[repo-path]

 既存リポジトリの複製(LOCAL)

$ git clone file:///[repo-path]

■設定系コマンド


・config
 現在のユーザの全コミット時のユーザ名を設定

$ git config user.name ?global <username>

 現在のユーザの全コミット時のメールアドレスを設定

$ git config user.email ?global <username>

■確認系コマンド


・log
 指定ファイルのコミットログを確認

$ git log <filename>

 コミットログ(1行につき1コミット)を確認

$ git log ?oneline

 指定ユーザのコミットログを確認

$ git log ?author="<username>"

・show
 最新コミットの内容を確認

$ git show

 指定タグのコミット内容を確認

$ git show <tag>

・diff
 インデックスとの差分を表示

$ git diff

 インデックスとHEADの差分を表示

$ git diff -chace

 コミット同士の差分を表示

$ git diff <commit-id1> <commit-id2>

 指定ファイルの差分を表示

$ git diff <filename>

■タグコマンド


 タグの一覧を表示

$ git tag

 現在のコミットにタグを打ちます

$ git tag <tag-name>

 指定したコミットIDにタグを打ちます

$ git tag <tag-name> <commit-id>

 タグを削除します

$ git tag -d <tag-name>

■ファイル操作系コマンド


 指定ファイルを作業ディレクトリとインデックスから削除します

$ git rm <file-name>

 指定ファイルをインデックスから除外します

$ git rm -chace <file-name>

 指定ディレクトリ以下を削除します

$ git rm -r <dir-name>

 ファイル名の変更を行います

$ git mv <old-name> <new-name>

 指定ファイルを指定ディレクトリに移動します

$ git mv <file-name> <dir-name>

—–
基礎系のコマンドも含まれていますが
まとめてみると、意外とこんなオプションもあったのかーと気付かされます。

まだまだいろいろなコマンドがあるようなので、次の機会に復習してみたいと思います。

【関連記事】
SOAPUIの便利な使い方①
SOAPUIの便利な使い方②
SOAPUIの便利な使い方③
SOAPUIの便利な使い方④
SOAPUIの便利な使い方⑤
SOAPUIの便利な使い方⑥
JavaWebServerを使ってみるテスト
Splunkを使ってみよう!
SOAPUIの便利な使い方⑦
捨てる前にできること
eclipseでSoapUIを動かしてみる
マウスにもこだわりを
WindowsでDockerを使ってみよう①
忘れがちなGitコマンド
AWSを使ってみる
ヘッドフォンの選び方
Cucumberを使ってみるテスト①

LINEで送る
Pocket