KEIS BLOGは株式会社ケイズ・ソフトウェアが運営しています。

KEIS BLOG

mailcatcher – インストール編

LINEで送る
Pocket

メール送信のテストをするとき、実際にメールを送らずにメール関連のテストができる
「MailCatcher」というシンプルなSMTPサーバーがあります。

送信しようとしたメールは「MailCatcher」のSMTPサーバーから先には送信されないので安心です。

導入も簡単でgemでインストールできます。

gem install mailcatcher

※mailcatcherを使うには(Ruby version >= 1.9.3.)が必要です。

ERROR:  Error installing mailcatcher:
        i18n requires Ruby version >= 1.9.3.

今回はrbenvでRuby 2.3をインストール。

yum install git

cd /opt
git clone git://github.com/sstephenson/rbenv.git

mkdir /opt/rbenv/plugins
cd /opt/rbenv/plugins
git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git

## rbenvの環境設定
vi /etc/profile
# 下記を追記
export RBENV_ROOT="/opt/rbenv"
export PATH="${RBENV_ROOT}/bin:${PATH}"
eval "$(rbenv init -)"
#

## Ruby 2.3 インストール
rbenv install 2.3.0
rbenv global 2.3.0

以上でRubyのバージョンアップは完了です。

## mailcatcher起動

mailcatcher

## デフォルトではローカルで動く設定になっているのでvagrantで使う場合はipを指定

mailcatcher --http-ip 192.168.33.10

## 自動起動の設定

vi /etc/rc.local
# 下記を追記
/usr/bin/ruby /usr/bin/mailcatcher --http-ip 192.168.33.10
#

送信したメールは下記の画面で確認することができます。

## Webインターフェース
http://192.168.33.10:1080

anai01

次回は実際にメールを送って確認してみたいと思います。

【関連記事】
3分で構築するRuby on Rails開発環境
続・3分で構築するRuby on Rails開発環境~MySQL設定編~
フラットデザインとレスポンシブデザイン
「Cloudera World Tokyo 2014」に行ってきました
Code Avengers(コードアベンジャーズ)
paizaでスキルチェック ~オンラインハッカソンに挑戦~
そしてスーパープログラマーへ
Hackmeに挑戦!
Railsで作るAPI
Ruby on Rails -turnout-
Ruby on Rails -migration-
Windows 10にアップグレードしてみました
Windows 神モード
Ruby on rails -slim-
WindowsでVimを使う(1)
「Cloudera World Tokyo 2015」に行ってきました
Ruby on Rails -gitignore.io-
Windowsでパッケージ管理
プログラミング言語を武器に例えると
Vagrantで開発環境構築
ワンライナーでWebサーバ起動
Vim like in Chrome

LINEで送る
Pocket