KEIS BLOGは株式会社ケイズ・ソフトウェアが運営しています。

KEIS BLOG

Python -インストール編

LINEで送る
Pocket

最近、Pythonを使う機会があったのでPythonに関する記事を書きたいと思います。

Pythonは2系と3系で互換性がないので、どちらを使うか悩むところですが
今から使うなら3系で問題ないと思います。

ですが、インストールには「pyenv(Rubyのrbenvと同じようなもの)」を使うので
どのバージョンも簡単にインストールすることができます。

■URL
https://github.com/pyenv/pyenv

■pyenvのインストール

git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv

■pyenvを使用するための設定

echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.bash_profile
echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bash_profile
exec $SHELL

以上でpyenvのインストールは終わりです。
基本的にはrbenvと使い方は同じなので下記のコマンドでpythonをインストールできます。

■インストールできるバージョンの確認

pyenv install -l

■インストール

pyenv install (version)

■アンインストール

pyenv uninstall (version)

■インストールされているバージョンの確認

pyenv versions

■バージョンの切り替え

# 全体に反映
pyenv global (version)
# カレントディレクトリにのみ反映
pyenv local (version)
# そのシェルでのみ反映
pyenv shell (version)

「pyenv shell」で切り替えた場合は今使用してるシェルでしかその環境が反映されないので
そのほかに影響を与えずにすみます。

次回は、ライブラリのインストールなどをしていきたいと思います。

【関連記事】
3分で構築するRuby on Rails開発環境
続・3分で構築するRuby on Rails開発環境~MySQL設定編~
フラットデザインとレスポンシブデザイン
「Cloudera World Tokyo 2014」に行ってきました
Code Avengers(コードアベンジャーズ)
paizaでスキルチェック ~オンラインハッカソンに挑戦~
そしてスーパープログラマーへ
Hackmeに挑戦!
Railsで作るAPI
Ruby on Rails -turnout-
Ruby on Rails -migration-
Windows 10にアップグレードしてみました
Windows 神モード
Ruby on rails -slim-
WindowsでVimを使う(1)
「Cloudera World Tokyo 2015」に行ってきました
Ruby on Rails -gitignore.io-
Windowsでパッケージ管理
プログラミング言語を武器に例えると
Vagrantで開発環境構築
ワンライナーでWebサーバ起動
Vim like in Chrome
mailcatcher – インストール編
mailcatcher – 設定編
mailcatcher – API編
tigを使ってみました
NodeSchoolに入学
Vim Bootstrapを使ってみる
ギットクエストやってみました
VIM Adventures -LEVEL 1-
VIM Adventures -LEVEL 2-
VIM Adventures -LEVEL 3-

LINEで送る
Pocket