社員インタビュー

入社2年

入社のきっかけ、入社理由を教えてください。
僕は他社から転職してケイズに入社したのですが、面接の際に亀井社長が目を輝かせて、色々な技術のことや、システムエンジニアとしてのノウハウなどを語ってくれたことです。
「これだけ社長自身がエンジニアとしての好奇心に充ち溢れているのなら、この会社なら絶対に面白いことができる」と思い、入社を決めました。
現在の仕事内容を教えてください。
現在、インターネットのショッピングモールサイトを運営する企業に出向、常駐しています。
そこで私は、その企業が送っている全てのメールを管理するグループに所属しており、
その中でも「商品を購入する際に送信されるメール」を担当しています。
ケイズ・ソフトウェアとはどんな会社ですか?
ケイズ・ソフトウェアには亀井さんをはじめとする、キャリアを積んだスペシャリストたちが多く在籍していますが、そういう方々が自分の現在の技術にあぐらをかくことなく、新しい技術が出てくると知ってみよう、取り入れようとする姿勢を持っています。社員みんなが純粋に「技術に対する好奇心」を忘れていない会社だと思います。
仕事のやりがいや、うれしかったエピソードを教えてください。
自分が運用しているシステムが送っているメールを知り合いや友達が使ってくれていた時です。自分のやっていることが、世の中の誰かのためになっているんだと思えました。思わず「それ、僕達の運用してるシステムが送っているんですよ!」って言いそうになりました(笑)。
仕事を通じて学んだことや、得られたことを教えてください。
「みんなの意見を取り入れたプロジェクト」は絶対に失敗してしまうということ。
太陽の光を虫メガネで集めるように、コンセプトを明確にしてアイディアを洗練させていかなければいけないということ。
前社でこのことで苦い思いをしたことがあり、今の現場ではどういう人がどう使うのかをよく考えて開発に臨むようにしています。
今後の目標を教えてください。
様々な分野の知識を総体的に身につけて、「フルスタックエンジニア」として活躍できるようになること。
特に、インフラ、サーバサイドの知識をもっと身につけたいです。
前社ではアプリケーションを作る方がメインだったので、インフラやサーバーの知識はよくわからなくてもよかったんです。今の現場での仕事はサービスの運用・保守ですので、できているものを動かすことがメインになります。こういった知識は苦手分野なので、よく知りたいと思っています。
入社を希望される方へのメッセージをお願いします。
僕は、システムエンジニアって「ドラえもん」のような職業だと思っています。
ネット上で買い物をしたり、テレビ電話で話したり、一昔前には夢物語だったいろんなことを、僕らが実現していっているんです。それってとても素敵なことだと思っています。
もちろん大変なことだってたくさんありますが、それ以上にやりがいがたくさんあります。
僕らと一緒に夢を実現してみませんか?
まさに「みんなみんなみんな、かなえてくれる」そんなエンジニアになりましょう!
採用情報・エントリーはコチラ