社員インタビュー

入社半年

入社のきっかけ、入社理由を教えてください。
実は、ケイズは転職先の一候補でしかなかったのですが、面接を受けて亀井社長のエンジニア魂に惹かれました。話してて気が合う感じがしたのと、考え方がとても共感できたのがポイントです。あといろいろやらせてくれそうだな、と思ったところも強かったです。面接自体は落ちたと思っていましたが、受かったので他の面接は全てキャンセルして即決しました。
現在の仕事内容を教えてください。
現在は、社内の勤怠システムの開発をしています。僕の希望がかなってPythonでの開発をやらせてもらっています。また、開発を快適に過ごすためのアーキテクチャ周りや、いつも支えて頂いているバックオフィス周りを整備したりなど、社内インフラ整備も担当しています。ちょっと前までは通信業界のCRM周りの開発、保守、運用を担当していました。お客さんとの交渉から、設計、開発、テスト、リリースまで担当していました。他にも、受け入れテストの自動化の提案、増税対応なども担当しましたね。それと、時折会社の面接にも立ち会っています。あまり人と話すのは得意なほうではないのですが、採用についての判断も任せていただけているので責任を持って対応しています。
ケイズ・ソフトウェアとはどんな会社ですか?
ケイズは最新の技術を追いかけます。新しい技術を試してみたいという人にとってはいい環境だと思います。 また、仕事でも職場環境でもそうですが、こうしたほうがいいのではないか、という提案が、ちゃんと納得の行く理由があれば通ります。 自分としてはどんどん改善提案を出しますし、出してほしいと思っています。こういった提案がきちんと受け入れられる会社であるのはひとつの魅力だと思います。システム会社というと時間の拘束が激しいイメージが強いですが、ケイズは仕事とプライベートのバランスがとれていると思います。エンジニアは仕事をこなすだけではなく、勉強の時間も必要、というのがケイズの考えなので無駄な残業はありません(もちろん障害や急ぎの案件があれば別ですが)。個人的にも業務終了後に勉強して、それを会社で活かす、といういい流れができています。
仕事のやりがいや、うれしかったエピソードを教えてください。
仕事を任せてもらえることが一番のやりがいだと思います。 当然納得できる説明があってのことですが、ほとんどの案件で自分のやりたいことを通してもらっています。 自分が主体で進められるっていうのはなかなかできないと思うので、やりがいと同時に責任をもって仕事しています。
仕事を通じて学んだことや、得られたことを教えてください。
これは前の会社にいた時から感じていることですが、ユーザーがいてこそのシステム、使われてこそのシステムだと思っています。仕事で作成するものは、基本的に誰かに使われるという前提があってのことです。また、運用から開発にキャリアチェンジして、作るのってこんなに難しいんだ、と痛感しました。 運用時には、こんな機能がほしいと思っても、実際の作り方はほとんどわかっていませんでした。ですが、作ることを経験していくにつれ、作るのって楽しいな、という思いが強くなりました。それが今でも開発を続けている原動力になっています。
今後の目標を教えてください。
プロとしてPythonを使えるようになりたいと思っています。Pythonは好きだけれど、まだ完璧に使いこなせているとは到底言えないので、もっと勉強が必要です。それと、インフラやアプリケーション内部の構成など、もっと楽に開発できて、メンバーを助けられるような仕組み作りができるようになりたいです。 また、今現在の職場環境でもかなり良いと思っていますが、開発環境以外でももっと皆が会社で仕事してて楽しいっていう環境を作りたい。細々としたものはもっとありますが、とりあえずこんな感じです(笑)。
入社を希望される方へのメッセージをお願いします。
ケイズは、作り続けていきたい、ずっとプログラミングしていきたいという人にとってはとてもハッピーな環境だと思います。未経験の方はOJTとして経験者がサポートしながら仕事することができます。ただし研修などはないので、自分で学んで、わからないところはわかる人に聞く、というスタンスが正しいと思います。ただひとつ、俗に言われるPMとかSEとか実装を行わずに設計だけしたいとか、プロジェクトマネジメントだけしたいって人はケイズはおすすめできません。 相手先がエンジニアというパターンがメインな為、話す内容がコアな部分になっていきます。そういった仕事だけではお客様の要望にも合わないですし、多分つまらないだろうなーと思います。どうせやるなら楽しいほうがいいですし。こんな会社ですが、ご興味があれば是非!
採用情報・エントリーはコチラ