KEIS BLOGは株式会社ケイズ・ソフトウェアが運営しています。

KEIS BLOG

のんびりフィジーでシステム開発⑤


Bula! 前回までフィジーの時間の流れや方や仕事観について書いてきましたが、 チームを組んでプロジェクトを進めるうえで、 もう一つ気をつけなくてはならないポイントがあります。 これは現地で休暇をとって離島に遊びに行ったときの話です。 予約していた飛行機が悪天候で欠航だというので、仕方なく船を使いました。 しかし、数日後に飛行機会社から料金が引き落とされました。 さっそく私はカスタマーセンターに電..続きを読む

MSXとKONAMIさん(その2)


松山です。 前回は私がこの業界に入ったきっかけを棚卸しするべく、小5から高2までの間、MSX-BASICでのプログラミングに没頭していたことをお話ししました。 ちなみに、こんな感じでコーディングしていました →https://www.youtube.com/watch?v=KqJkTv-Tnbg&list=PL7CEE05B50F5117F0 (エミュレータで録画したものですが、キーボード..続きを読む

エンジニア解体新書 3之巻


エンジニアになりたいみなさん、こんにちわ。 既にエンジニアのみなさん、気恥ずかしいのでお引取りを。 3回めの執筆となりました、「むみも(偽名)」です。 さぁ、3回めなのですが・・・・どしたものですかね。 エンジニアになりたいみなさんに教えてあげたいこと、色々あるんですがこんな人はやっていけるんじゃないかな〜というのを少しあげてみようかなと。あ、僕が勝手に思っているだけの事なんで、あまり根拠があるわ..続きを読む

のんびりフィジーでシステム開発④


Bula? 今回はフィジーで仕事して気づいた「仕事観の違い」について書いてみようと思います。 日本では、夜遅くまで職場に残っていると 「あいつ一生懸命だな!」などと評価される傾向があります。 また、仕事よりプライベートを優先させると、たいていの場合は評価が下がります。 考えてみてください、みんなが残業してるのに 「今日は嫁の誕生日なんで定時にあがります!」と帰っていく人のことを。 日本には仕事や会..続きを読む

MSXとKONAMIさん


松山です。ブログのネタに困ったので、 プライベートを切り売りして何とか乗り切ろうと思います。 さて皆さん、この業界に関わるようになったキッカケは何だったでしょうか。 私の場合は、お題にあるMSXとの出会いが決定的です。 小学生時代「他所は他所、ウチはウチ」という家風から、ファミコン全盛期であるにも関わらず実家にはゲーム機がありませんでした。私は学校から帰ると、マッハでランドセルを放り投げ(同時に叱..続きを読む

エンジニア解体新書 2之巻


エンジニアになりたいみなさん、こんにちわ。 既にエンジニアのみなさん、気恥ずかしいのでお引取りを。 先月に引き続き2回めの執筆となりました、「むみも(偽名)」です。 先月は【エンジニアってどんなお仕事?】という内容で語らせていただきました。 今月は【問題解決への考え方】について語りたいと思います。 エンジニア”未満”の人がターゲットですので、 当然技術論などは入ってきません。(そんなの書けないです..続きを読む

のんびりフィジーでシステム開発③


Bula vinaka! さて、前回はざっくりシステム開発計画を立てました。 さっそく現状分析から始めますよ! システム開発の現場では、まず利害関係者を把握したいですね。 仕様を決めるために最終的に誰と合意すればいいか、だれが予算を握っているか。 ユーザ部門の主任や課長と時間をかけて丁寧に仕様を決めてきたのに、 部長の一声でひっくり返るとか、 味方だと思っていた開発サイドの人間に後ろから撃たれると..続きを読む

エンジニア解体新書


エンジニアになりたいみなさん、こんにちわ。 既にエンジニアのみなさん、気恥ずかしいのでお引取りを。 今月から執筆させていただくことになりました、「むみも(偽名)」です。 さて何を書いたらいいのかとしばらく悩んでみたのですが、 どうも僕は技術的な事への興味が希薄でして、 他の執筆者さんのようにエンジニアらしい事が書けないな〜と、もはや諦め。 もう開き直って「こんな自分だけど一応エンジニア業をやれてる..続きを読む

のんびりフィジーでシステム開発②


こんにちは! 前回はフィジーの「テキトー」な感じを、やんわりお伝えしました。 ちょっと心配な環境ですが、何はともあれ日本人としては「向上心」をもって前進するのが正しい姿勢です。 そしてまずは「計画」を立てないと! 日本人はとても計画が好きですからね。若いころから老後を心配して貯金や出世に励む、とても計画的な人生を送っています。 私もこの時はまだ日本人でしたので、次のようなシステム開発計画を立てまし..続きを読む

はじめまして、松山です。


初投稿の松山と申します。 現在38歳で社会人歴20年目、IT業界歴14年目になります。 (7年間は他業種でした) まずは、ということで自分のこれまでを壮大なストーリーを盛って 書き連ねようと企んだのですが、えーと、あの・・・興味ないですよね。 ということで手短にしますがご了承ください。エンジニアにとって「余暇でのコーディング」は欠かせない要素ですよね。幸いにも、直近では(ようやく)余暇の時間を捻出..続きを読む