KEIS BLOGは株式会社ケイズ・ソフトウェアが運営しています。

KEIS BLOG

EFS を早速使ってみたらはまった


https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/efs/latest/ug/whatisefs.html EFSがやっと東京リージョンでも使えるようになった! ということで、使ってみて、dd コマンドなんかで簡単にパフォーマンスを見たりして。 EBS よりちょっと遅いくらいかななんてことを簡単に確認した程度。 使い方は簡単なんだけど、特定のOSで、インスタンス再起動時にマウント..続きを読む

net.ipv4.tcp_timestamps


おおはまりしたので、記録。 あるシステムでのトラブル。サーバはよそのところ。こっちはクライアント。まったく同一の OS、同一の設定なのに、ホストによってあちらのサーバにアクセスできたりできなかったりする。以前から動いていたホストは問題ない。後から追加したホストがダメ。 http://ya.maya.st/d/200804c.html#s20080430_2 これに近似した状況。 web サーバにエ..続きを読む

suid が利かなくてはまった


perl スクリプトの中で secure ログを cat するような処理を書いていて、secure ログを cat するには root 権限が必要なので、 その perl スクリプトを suid すればいいよね、と軽く考えていた。 suid はほぼ使う機会が無いので知らなかったのだけど、実はスクリプト系のものには suid は無効らしい。 perl やら ruby やら sh やらのスクリプトは、..続きを読む

正規表現を書くときに便利なツール


今回は正規表現を書くときに便利なツールを紹介したいと思います。 正規表現は言語ごとに多少仕様に違いがありますので、今回はRubyでの正規表現になります。 ■Rubular このサイトではテストデータを使って正規表現をリアルタイムに確認することができます。 サンプルですが実際に正規表現を書いた場合、下記のようになります。     正規表現が文字列のどの部分にマッチしているかハイラ..続きを読む

LINE Notifyでメッセージ送信


今回はLINE Notifyを使ってメッセージを送ってみたいと思います。 LINE NotifyはWebサービスと連携させてLINEでメッセージが受け取れるサービスです。 ■LINE Notify https://notify-bot.line.me/ja/     今回は、Webサービスは利用せずにメッセージを送信してみたいと思います。 まず、LINE Notifyサイトから..続きを読む

Ruby -Nokogiri-


今回はRubyでWebスクレイピングをしてみたいと思います。 まずは、スクレイピングするために必要なgemをインストールします。 ■Nokogiri 鋸 http://www.nokogiri.org/ Nokogiriを使うと特定の要素を抽出したり、値を書き換えることができます。 下記のサンプルでは指定したHTMLからURLを抽出しています。 Webサイトから情報を取得する場合は、下記のようにo..続きを読む

Angular -環境設定ファイル


今回はAngularで環境ごとの設定ファイルを作っていきたいと思います。 まず、設定ファイルの場所ですが、appディレクトリと同じ階層にある environmentsディレクトリの中にあります。 はじめからprodと開発用のファイルは用意されているので、 今回はlocal用の設定ファイルを作りたいと思います。 local用なので、「environment.local.ts」という名前のファイルを作..続きを読む

Angular -Pipes カスタム編-


今回は前回の続きで、Angularの「Pipe」を自分で作ってみたいと思います。 まずは雛形をコマンドで生成します。 [cmd] ng g pipe custom-pipe-sample [/cmd] 手でファイルを作成することも可能ですが、コマンドで作成すると app.module.tsにimport文が自動で追加されます。 次に、生成されたファイルを編集します。 custom-pipe-sam..続きを読む

Angular -Pipe-


今回はAngularの「Pipe」を使ってみたいと思います。 Pipeとは画面に表示するために取得したデータなどを 見やすい形に変換して画面に表示することができる機能です。 ■pipes https://angular.io/guide/pipes pipeはビルドインされているのでインストールは必要ありません。 ビルドインされているPipeはこちらで確認できます。 ■API List https..続きを読む